2017/09/12 (Tue) 10月21日(土)に、第28回<屋繁男 詩と歌曲を唄う>ライブを西荻窪「奇聞屋」で行います。

10月21日(土)第28回<屋 繁男 詩と歌曲を唄う>ライブ東京・西荻窪のライブハウス「奇聞屋」で行います。
 ゲスト元横浜華銀理事長、元横浜台湾同郷会会長、滑空第一飛行第一戦隊、卒寿(90歳)の兵長「呉正男さんです。
縮小第28回 東京ライブ 2K チラシ 

出撃はついに来たらず空挺隊

              卒寿の老兵 思いを語る

               呉正男翁に 横浜中華街にて、真昼

                             平成2982日
                                
屋繁男


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/24 (Mon) 台湾の日本語世代(多桑)と和歌 ー蔡焜燦さんを悼む-

台湾の日本語世代(多桑)と和歌                                           -蔡焜燦さんを悼む-

                         平成29722
                             屋 繁男

 

西欧の詩歌では自然をテーマとしてもそれを材料にしてほとんど自分の心情を述べている。日本の詩、特に短歌では自然そのものを述べており、さらには自然の中に自己をひそませてしまっている場合が多い。これは主語や主体がはっきりしない日本文芸の代表として和歌を揶揄する「短歌第二文芸論」に集約される論点である。

しかし自然と人間が一体となっている世界、つまりある場合には人間が自然の中に埋没したり、ある場合にはそこから出現したり、自由自在なこの和歌という文学形式の本質を台湾の多桑世代はどこか直感的に知っていたように思われる。つまり日本アニメのドラエモンやポケモンと同じような属性が世界最小の語数による和歌、俳句という定型詩のうちにあることを見抜いていたと言えるだろう。さらに言えば諸々の挽歌、相聞歌のうちに生と死の垣根さえ越えて人と人とないしは人と自然とがふれ合えるような、それこそ他の文明にはない「力量」がこの和歌という短詩型文学の中にあることを直感していたと言ってもよい。

一つ二つ例を上げておくと、

 
駒とめて袖打ち払う陰もなし佐野のわたりの雪の夕暮れ 定家

山々ははるかに暮れて 小枝吹くひとすじの そよぎも見えず
タ鳥の唄木立に消えぬ あわれはやわが身も憩わん 
                  
ゲーテ 旅人の夜の歌

 

一番目の定家の有名な歌は、雪の風景の中に人物と馬が溶け込んで風景全体が穏やかに納まっていると吾々なら誰もが納得するであろう。もし西欧的文学の伝統から言えば人間が風景の中に溶け込んでおり、ヒューマニズム(人間中心主義)の立場からすればあまり面白くないとも言えるであろう。

 

二番目は有名なゲーテの詩を大山定一が訳したものである。我々が日本語訳で読むと主人公が実にうまく夕暮れの景色の中に納まり安住しているように見える。しかし先程の定家の歌とは違って独文では、恐らく自然の中に納まりきれない主人公の自己が、やはり大きく居座っているはずであろう。我々は大山定一の名訳の日本語でこれを鑑賞しているので、和歌の伝統にそって理解してしまうのだ。

さて戻りますが、この自然の中に納まったり消えたり、またそこから突出したりする文芸的テクニックが、和歌の中にあることを、そしてそのことが人間を幸福にする一つの手段であることを台湾の多桑世代の歌人たちはよく知っているように思われます。

また、時間の流れというものも自然の大きな一部とすれば、死というものもその最たる結果に外なりません。日本では一番の幸せは何かと聞かれれば「親が死に子が死に孫が死に」であり、逆縁、つまり子や孫が先立つことが一番の不幸だと小生の母親が言ったことがありますが、我々はこのように自然(死)とも付き合える感性を持ち続けてきたのです。

さらに言えば、「死に関して独特の考え」を持っており日本人とその文化と文明が世界的な趨勢ニヒリズムとの闘いに独自の拠点として今もあることを多桑世代の方々は知っているはずである。

先の大戦時に日本人と台湾の多桑たちは死に際して、ニヒリズムを克服する独特の手法を共有したことであろうことはほぼ間違いないでしょう。その一つの方法が短歌という方法であったことは間違いないでしょう。

だからこそ蔡焜燦さんは日本人(日本語族、日本文明人)よ胸を張れと言ったのです。

呉建堂さん、蕭翔文さん、王冬梅(進益)さんそして蔡焜燦さん、彼らから小生は日本精神はもちろん日本文明を学ばせていただきました。

ありがとうございました。多謝多謝

 

最後にエピソードを一つ。十五年以上も前、八重山は石垣島での三線コンクールに、娘のステージパパとして付き合ってついでに与那国島に足を伸ばしたことがあった。その時、年に数度しか見えない台湾が海の彼方によく見えた。うれしくなって、携帯電話の国際電話というものを初めて使って蔡焜燦さんや王冬梅さんらに電話をした。玉山がきれいに見えることを伝えると、今すぐ来いと言う。それは無理だと答えると、小生が阿里山あたりにいると考えて、今夜か明日には会えるだろうとおっしゃった。やはりそれも無理で今与那国島から台湾と玉山を眺めているのだと言った時の彼らの反応は今も忘れられない。「台湾は玉山島と言ってもいい大きな大きな島にみえるんだよ」と言うと「そうか、そうか」と何度もおっしゃり、このハイテクの時代に万葉の相聞のやりとりのごとき感慨にひたったことでありました。

 

バスの中へ吾をたずねて一直線

      我らが老台北 多謝多謝

 

        与那国の海の彼方に立ちませる

     かの玉山を吾娘(あこ)と見し夏

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/22 (Sat) 蔡焜燦翁を悼む

蔡焜燦翁を悼む
バスの中へ吾をたずねて一直線
    我らが老台北多謝多謝

                   平成29年7月18日 屋 繁男

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/20 (Sat) 今年度初のライブを、6月25日(日)東京・西荻窪のライブハウス「奇聞屋」で行います。第27回<屋繁男詩と歌曲を唄う>

6月25日(日)第27回<屋 繁男 詩と歌曲を唄う>ライブ東京・西荻窪のライブハウス「奇聞屋」で行います。
 共演は台湾・日本股にかける吟遊詩人、二胡シンガーソングライター「里地帰(さとちきです。
縮小 第27回 東京ライブ 

縮小 里地帰

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/03 (Wed) 「男はつらいよ」を唄うのはつらいよ -なぜ「男はつらいよ」を唄うのか-

「男はつらいよ」を唄うのはつらいよ

-何故「男はつらいよ」を唄うのか-

平成2953日 

屋 繁男

従来不思議に思っていたことがある。あんなに懐かしく、人気のある曲なのに、渥美清本人以外に男の歌手が「男はつらいよ」を唄うことはほとんどなかった。それは、彼の歌の完成度の高さを直感的にわかっているためであろう。つまりコメディアンでもある渥美が喜劇的ペーソスをこめて唄った「男はつらいよ」を越えるような歌唱はとてもできないと男なら思うのは当然である。だから、有名女性歌手が数人唄っていたのは実にうなずける話である。彼女らは「男はつらいよ」を唄うことはつらくないからである。

さて、男性歌手のみならず男達がこの歌をあまり唄わないないしは歌えない理由は実はもっと深いところにある。それは、下町の家族ドラマの体裁をとっているけれどもこの映画は妹サクラを中心にした現代的なオナリ神の物語であり、日本民俗学は柳田邦夫の「妹の力」の物語だからである。つまり渥美清という偉大な歌手との対峙が要求されるだけでなく、文明論的に言うならば、直に吾々の神話の世界に対峙できる力量を要求されるからである。

しかし逆に言えば、このような神話の世界に対峙しなければならないところにこそ「男はつらいよ」の唄の可能性はあるのである。このような試みに歌手の玉置浩二はよく挑戦しがんばっている。彼が始めて他の歌手も歌い始めている。始めたばかりでまだ渥美の「男はつらいよ」に対抗できるものには至っていないが、そのうちに渥美を抜くまでとはいかなくても、彼とは違った歌唱方法で充分納得できる「男はつらいよ」ができることであろう。そうでなければ吾々の歌の世界や神話の世界は委縮していく一方であるからである。

 そのようなことで小生は「男はつらいよ」を唄うのである。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

shiropapa1111

Author:shiropapa1111
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード