2013/07/04 (Thu) サッカーを詠むということ

サッカーを詠むということ


              平成二十五年七月一日 屋 繁男
 小生のブログを見ていただいた方は御存知のことだろうが、小生はサッカーというスポーツに多大な関心をよせている。そのためサッカー論「現代人にとってサッカーとは何であるのか」を表すまでに至った。そして、サッカーへの思いは今述べたいわばサッカーの思想論の前にサッカーの和歌、つまりサッカー選手のことをたくさん詠んでいるのだ。聞くところによると、これらの和歌はクラブ室や監督室に貼られているらしい。
 先日、小生の新しい歌碑がサッカーどころ静岡は三保の松原の近くにできたので、その写真をサッカー評論家のセルジオ越後さんに見せ、このような例、つまり詩を詠んだりしてサッカーチームや選手をたたえるようなことが南米やヨーロッパにあるかと聞いたところ、そんな例は見たことも聞いたこともない、まずないだろうとおっしゃった。そこで日頃より、日本はサッカーそのものが強くなると同時に、サッカー文化そのものも世界に負けないものを作らなければならないと考えていたので、先鞭をつける意味で今日はこれらの和歌のいくつかを御披露しておこうと思う。なお小生のサッカー論に興味のある方は「現代人にとってサッカーとは何であるのか-擬似的供犠、分身論、生の技法-」を参照されたし。

歌碑小 表



歌碑小 裏 

サッカーを詠む(抄)

<第89回天皇杯2回戦(対ヴァンフォーレ甲府)> 2009年10月11日
1、裕哉行けサイド切り裂きクロス上げ
  ルーツチームの誇りを見せよ


<インカレ2回戦(対流通経済大)、平塚競技場にて> 2009年12月23日 
2、おじさんの体型なれども雄大は
   動き始めりゃ毬が弾むよう

  <対マリノス戦> 平成22年・春―河野君の祖父へ
3、そっくりの孫がグランドかけ回る
    その痛快さに吾等も楽し


  <ウルトラズ最終戦にて> 平成22年11月23日
4、腰骨の痛みもて笑顔でヘッドせよ
    小坂よさらばだ少年時代

  <全国大学選手権準決勝、対筑波大戦> 平成22年12月26日
5、ひたひたとゴールにせまる金園の 
    秘めたる情念にふれてやらんや

<国立競技場・大学選手権決勝> 平成23年1月5日
6、自らの不安を振り切りおもむろに 
    建哉はボールを動かし始める

7、切れのあるドリブル突破で期待させ
    龍基は又もゴールをはずす

<優勝祝賀会パーティーにて> 平成23年1月30日
8、決勝ゴールを上げた勇太のでこちんを
    ここでかここでかと何度も撫でる


<西郷隆盛生誕記念パーティーにおいて国士舘大学長の朝倉文夫氏に、
対国士舘戦での安藤大介の決勝ゴールを自慢した> 平成23年2月12日

9、大介の股貫きゴールを自慢せん
    国士舘学長の薩摩隼人に

<昭和四十年代の初め、全国制覇した頃法文図書館にて夕方>
10、入陽さすわが筆元にグランドより
     「キーパーがんばりまっしょ」の声聞こゆ


<平成22年度後期リーグ、関々戦においてハットトリック達成>
11、瀬里君は合わせ上手に競り上手、
      さりながら ボール追う眼のあの鋭さよ 
 
       2011年5月8日

12、しかられて涼太は佇む、黄砂降る

   うら若草の萌え出ずるグランド


13、ゴールを背に叱咤し続けて村下は
      終了間際にも守備せんかドヴィー

<西京極競技場にて後半怪我をおして出場、勝利する> 平成23年11月5日関々戦
14、眼の上の七針の傷跡そのままに 
      小椋よヘッドして恐くはないのか 

関大サッカー部一回生、三バカトリオの一員阪口君へ
<平成23年12月23日神戸ユニバー記念スタジアムにて>

15、鳥の巣のような頭でヘッドすりゃ
      ボールはどこへ飛ぶ 見物だ阪口

16、言挙げて得意の技はシュートという 
      少年・稲森はいとしかりけり

 地下鉄御堂筋線車内にてつかまえて話す。まだ一回生の初々しいサッカー少年であった。現在三回生。関大サッカー部の伝統により、すでにかなりおっさんくさくなってきている。良きことである。


<国士舘大鶴川グランド 氷雨> 平成24年12月15日 
17、後頭部にそり込み入れりゃ寒かろうに 
      悩みでもあるのか前田晃一よ

          
関大サッカー部・女子部遠征<千葉、順大グランドにて> 平成25年3月初め、
18、坂東の野にも赤と白との花咲かせ 
      浪花の乙女の蹴撃隊
   


         

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

shiropapa1111

Author:shiropapa1111
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード