--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/02/16 (Sat) <朝めざめれば柴犬のゴンとともに>

<朝めざめれば柴犬のゴンとともに>
平成24年12月20日
屋 繁男
朝めざめれば、生まれたばかりの孫娘に頬ずりをしてみようか
そして、浪速の「蹴撃隊」の若者達にまじってボールを一蹴りしてみようか、
それとも、黒潮洗う足摺岬の唐人岩から縄文の海を眺めてみようか
はてまた、奄美の大島海峡は土連の浜からの朝焼けを眺めてみようか、そして夕暮れりゃ対岸の古仁屋の港の花屋の息子、大介の島唄でも聞いてみようか、
いやいや、それなら夜の更けぬうちに台南の許文龍さんのバイオリンで望春風を唄ってみようか、
はてまた、いっそガンジスの岸辺で水浴びする象のかたわらで、川面に足をつけ朝日を眺めようか


その昔、フランスへ行きたしと思へどもフランスはあまりにも遠いのでせめて新しい背広を着てきままなる旅に出た詩人がいた


孫娘紬加の生まれる六十六年前の同じ日に生まれたぼくは今やどこにでも行けるようになった、そしてほとんどの物事を歌に詠めるようになった
けれどもぼくは今日も三才になる柴犬のゴンを連れて武蔵野の森の中を歩いている
ゴンは生まれる前からぼくがインドで名前を付けた犬だ
ゴンはぼくに生命というものを教えてくれたのだ
時々足を止めてゴンの頭をなでていると、森の中では向こうから来る人、すれちがう人の何と小さくつつましく、しかし何と気高く見えることか

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<「井の頭」の犬を詠うの催し | TOP | 「井の頭」の犬を詠う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://okukana0210.blog61.fc2.com/tb.php/16-e6fb9473

| TOP |

プロフィール

shiropapa1111

Author:shiropapa1111
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。